ノンバンクで事業融資を受けるため申し込み方法・審査内容

ノンバンク事業融資|即日に事業資金が必要な時

急いで事業資金が必要になった時

ノンバンク,事業融資

事業主は何かとお金が必要になることが多いので、普段から資金を用意しておく
必要があります。

しかし、事業主の場合はサラリーマンや公務員のように、必ず決まった日に決まった額の収入が
あるわけではないので、時には取引先への支払いを待ってもらうこともあります。

 

どうしても大事な支払いがあるのに、資金が全然ない場合は、知り合いなどから資金を借りる事業主もいます。
しかし急いでいる場合は知り合いも資金を簡単に用意できないので、断られる可能性も高くなります。

 

そんな時に利用するといいのが、ノンバンクの事業融資です。
銀行や信用金庫に事業融資を申込むと、審査に時間がかかるため融資までかなりの期間を要してしまいます。
それではすぐに資金を用意することが難しく、取引先への支払いもできなくなります。
ノンバンクなら、審査も早く即日融資に対応しているのでとても助かります。

ノンバンクの特徴と注意点

ノンバンク,事業融資

ノンバンクとは、消費者金融や信販会社などの貸金業者のことをいいます。
銀行に比べると手続きがとても簡単で、必要な書類も少ないです。
連帯保証人や担保を必要としない所が多いので、急いで事業融資をしてもらうにはとても
助かります。

 

銀行や信用金庫は、貸し倒れを防ぐために、詳しく経営状況を調べて営状況が悪いようだと事業資金を貸すことを断る所も多いです。
経営の苦しい中小企業などは、銀行に融資を頼んでも断られる所が多いです。

 

その点消費者金融などの貸金業者では、それほど厳しい審査をせずに融資をおこなう所が多いです。
ただし、銀行や信用金庫に比べると金利もかなり高くなるので、無理のない範囲で借りることが大事です。
銀行での融資を受けるまでの、繋ぎの資金として利用する事業主もいます。

ノンバンクに事業資金を借りる時の必要書類

ノンバンク,事業融資

銀行などの金融機関では、事業融資を申込むといろんな書類が必要になります。
事業計画書も必ず提出させられ、この企業に融資をしても大丈夫かしっかり調べられます。

 

審査は返済能力を重要視するので、返済計画なども厳しく審査されます。
事業計画書を作成するには、とても時間がかかるので、急いでいる時はとても面倒に感じる事業主も
多いです。

 

消費者金融などの貸金業者の事業融資の申込みは、運転免許証などの本人確認書類と前年度の確定申告書だけですみます。
事業計画書などは提出しなくていいので、急いで事

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!

キャッシングサービスで即日サービスATM全国設置数No1など、困った時に頼りになるのはプロミスです。
プロミスだったら平日夜でも土日祝でも申し込み可能ですし即日サービスが充実していて便利に利用できるのでおすすめです。

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス

 

ノンバンクの事業融資で事業資金が借りられる

私は個人事業主をしておりますが、時々資金操りが困難になることがあります。
利益が出ない場合ならともかく、利益が出ているのに事業を止めてしまうのはとてももったいないです。
利益が出ているのに事業が止まるのは、売掛金の回収が遅れているときです。
そんなときは、ノンバンクの事業融資で事業資金を借りることで乗り切っています。

ノンバンクは個人事業主や中小企業にとって借りやすい

ノンバンク,事業融資

ノンバンクとは銀行ではないという意味ですが、一般的には消費者金融等の貸金業者のことを指すようです。
銀行で事業融資を受けられれば一番良いのですが、資金操りが困難になっている状況では審査に通ることは難しいですし、手続きに手間がかかるので融資を受けられるまでに一週間以上かかります。

 

ノンバンクなら即日から3日程度で融資が受けられる上、銀行に比べると審査が柔軟
なので困ったときには助けてもらっています。
高額融資を受けるのは難しいですが、担保無しでも借りられるのは大きなメリットです。

 

銀行というのはもともとは大手企業への融資をメインとしていました。
消費者金融は個人向け融資をメインとしていますので、個人事業主や中小企業にはノンバンクのほうが借りやすいのは当然と言えるかもしれません。

 

最近ではファクタリングといって、売掛金を買い取ってくれる専門業者が登場しています。
しかし、ファクタリングは手数料がとても高額になります。
ノンバンクで融資を受けられるなら、そちらを利用したほうがはるかにメリットがあります。
ノンバンクでの融資でも足りない場合には、最後の手段としてファクタリングも考えなければなりません。

ノンバンクから事業融資をしてもらい、事業資金を確保できました

自営業をしていて銀行のビジネスローンに申し込んだ時、収支報告書や売り上げ予測などの書類の提出があり、とても面倒でした。
手間がかかったわりに落ちてしまったのでどうしようか悩んでいました。
そんな時カードローンの契約をしていたノンバンクから、事業融資に切り替えないかという提案をいただいたのです。
ノンバンクのカードローンは通常、総量規制の対象となっているため、借り入れできる金額にも上限があります。

利息を経費にすることができるのが大きなメリット

ノンバンク,事業融資

事業融資にしてもらったことで総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の融資を
してもらい、事業資金を確保することができました。

 

ノンバンクの事業融資、いわゆるビジネスローンでも事業を証明する書類など、一般的なカードローンの契約では必要のないものも提出する必要がありました。
しかし形式的なものばかりでそれほど煩雑なものはなく、思っていた以上にスムーズに契約を切り替えることができたのです。

 

カードも新しくなりましたが、使い勝手は今までの一般的なカードローンと一緒でした。
ただ事業資金として利用することができるようになったので、利息負担を経費として計上できるようになりました。

 

事業性資金としての利用は禁止されている普通のカードローンでは利息を経費にすることができなかったので、
切り替えたことではメリットしか生まれていない
ように感じています。
借り入れできる総額が増えたことによって金利も引き下げてもらえました。

ノンバンクからの事業資金の事業融資について

20年間勤めていた会社で、40代を過ぎた頃から同僚がどんどんリストラされていきました。
自分も間もなくリストラされると思ったので、脱サラしてラーメン屋を開業しようと思いました。

 

会社を退職した時に出た早期退職によるちょっと上乗せされた退職金は、住宅ローンの返済で使い切りました。
ラーメン屋の開業の事業資金は事業融資してもらおうと思って金融機関を回りました。

ノンバンクの事業者向けローンで家を担保にせず融資を受ける

ノンバンク,事業融資

今まで住宅ローンを借りていた銀行にも事業資金の融資を相談に行きました。
しかし折角住宅ローンを払い終ったのに、その家を担保に入れないといけないとのことだったので、借りるのに抵抗があったてやめました。
ラーメン店の開業資金のうちの半分の400万円は何とか親戚や友人から借りて集めましたが、
残りの400万円だけ貸してくれる金融機関を探してました。

 

どこの銀行に行っても住宅を担保にしないと貸してくれず、途方に暮れていると友人が、
ノンバンクで借りればとすすめてくれました。

ノンバンクなんて考えて無かったので大丈夫かと思いながら、相談にに行きました。

 

そのノンバンクは事業者向けローンで、無担保で上限500万円まで借りられ、私の400万円借りたいという要望に合っていました。
利息もすごく高い金額を想像してましたがそんなに高く無かったので、ノンバンクから融資してもらう事にしました。

 

審査もかなり短期間だったので、予想より早く融資金額が集まり、そのお金を使ってお店の契約と改装工事ができラーメン屋を開業できました。
今度誰かに事業資金を銀行から借りれないと相談されたら、ノンバンクをすすめてあげたいと思いました。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!

キャッシングサービスで即日サービスATM全国設置数No1など、困った時に頼りになるのはプロミスです。
プロミスだったら平日夜でも土日祝でも申し込み可能ですし即日サービスが充実していて便利に利用できるのでおすすめです。

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス

 

「ノンバンク事業融資|ノンバンクで事業資金の融資を受けるためには」関連情報